戦場でワルツを

Pocket

レンタルDVDを借りてきた。
『イングロリアス・バスターズ』と『戦場でワルツを』の2本。
先に『戦場でワルツを』を観てしまったのだが、『イングロリアス・バスターズ』から先に観るべきだった。
(まだ『イングロリアス・バスターズ』は観ていない)
————————————————————————————–
『戦場でワルツを』はイスラエルのアニメーション映画で、アリ・フォルマンが監督と脚本を手がけている。
イスラエル国防軍の歩兵だったアリ・フォルマン自身による、1982年レバノン戦争の記憶を紐解いたドキュメンタリー作品。

リンクレイター監督作品『Waking Life』のようなロトスコープを思わせるが、(ロトスコープとは、実写映像をトレースしたアニメーション)
本作はFlashアニメーションや3Dグラフィックスなどで完成された作品であるとのこと。

夢と現実が交錯するような超現実的映像と、効果的に挿入される音楽が印象的だ。

数々の映画賞を受賞し、総じて評価の高い作品ではあるが、パレスチナ人暗殺やアパルトヘイト・ウォールなど、
イスラエル政府に対する国際的な非難が高まる昨今において、戦争描写があまりにも軽々しく、美的ですらあり、「プロパガンダ」との批判もある。

私自身、観ていて複雑な心境になった。
まるで、穏やかな日曜の午後に、オープンカフェでお茶しながら戦争見物してるかの様な、ある種のノスタルジーと心地良さを味わい、そんな自分とそうさせる本作に嫌悪感すら覚えた。

だが、ラストまで観終えた今、イスラエル国防軍の元歩兵による作品という事実の重みを感じ、彼の努力を讃えたい。

さてと、『イングロリアス・バスターズ』を観るか…
それとも今回は見送り、日をあけてから改めて観ようか….

戦場でワルツを 完全版 [DVD]

戦場でワルツを 完全版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD

One Reply to “戦場でワルツを”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です