BORDERLINE (4)

Pocket

    ◆1話目から読む◆

 ケイと会う約束はしたものの、女の子とお食事、という生々しさが果たして自分という人間に身分相応なのかどうか、私は疑っていた。
自分を縛る目に見えない鎖から自身を解き放つ為には、国内非合法な解決方法であっても、マリファナでハイにならざるを得なかった。普段から混乱している私にとってのハイとは、ハイテンションではなく、一般的に正常な、平常心に近い状態かも知れない。
ところで私の中のケイのイメージは、ロングヘアーで、ゆるめの巻き髪で、ミニスカートスーツを着ていて、些細な事で大口を開けて笑う、といった感じだった。

 待ち合わせ場所に現れたケイは、大きくイメージチェンジしていた。髪はバッサリとショートボブにし、エスニックなロングワンピースを着て、恥ずかしそうにふらふらと歩いていた。
私の目にはそんなケイがどこか華奢に見えて、自分の中のケイのイメージとの差異にも折合いがつかず、テンションが落ちると同時に軽い混乱を覚えた。もしかするとケイは、穴の開いたジーンズにTシャツというグランジな私に合わせてくれたのかも知れない。ただそれだけの事だ。ただそれだけの事実が私を攻撃していた。
「おなか減ってる?」と私はケイに第一声を投げかけた。
女性の扱いに長けている人であれば、その髪似合ってるね、とか、その服可愛いね、などと褒めてあげたり、俺たちお似合いだね的なジョークも、この場合は許されるのかも知れないし、それ以前に、満面の笑顔で出迎えて、優しくエスコートする事で女性を安心させたり出来るのだろうが、当時の私に、そんな高貴な芸当は全く持ち合わせてなく、それどころか、ケイに対して笑顔すら作る余裕もなかった。
「減ってると言えばぁ、減ってるけど、減ってないと言えばぁ、減ってない」とケイが答えた。
「じゃあ、観たい映画があるんだけど、先に映画を観て、その後ご飯食べに行こうか」。そう言うとケイは私を見て、微笑んで頷いた。
「髪切っちゃったんだね。長い方が良かったのに…」
「ええ?! 。ショック…」

それでも私は幾分自分を保っていられた。二人を包み込む独特な宇宙へケイを案内している。そんな揺るぎなさがケイを安心させている。そう自分勝手に思い込んでいた。
映画館の入っているビルのエレベーターを降りて、蛍光灯の薄暗い廊下を暫く歩いていると、降りる階を間違えた事に気付いて、「あれっ?。ここは何処?」と私は言った。ケイは私の腕を叩き、
「ちょっと!」と言って笑った。
「今から映画観るんだって事すら忘れてた!」。私は完全に自失していた。
そして私たちは『トレイン・スポッティング』という映画を観た。

「この映画はアキラさんと一緒に見るべき映画だったわ」。観終わった後にケイはそう言った。
12月の繁華街は多くの人で賑わい、普段から早歩きで歩く私から逸れないよう、ケイは私の腕を掴んで歩いていた。私は何故か人ごみに紛れて、犬の散歩をしているような気分だった。

「おお!。アキラ!。元気だったか?」
「はい。なんとか生きてました」
「今お前、何やってんの?」
「今月新しくオープンしたクラブで、またDJやってます」
「そっかぁ。とりあえず良かったなぁ。そういえば今度、ラリー・ハードが来るんだけど、お前、チケット買わない?」
「アキラさん、私も買うから一緒に行こう?」。ケイが話に割って入った。
「アキラの彼女?」。先輩はケイを指差した。
「いや、彼女では…」
「じゃ、チケット出来たら連絡すっから。とりあえず今日はゆっくりしてけよ」。先輩はそう言うと厨房へ戻って行った。
私たちはビールジョッキを持って乾杯した。
「アキラさん突然ノリオのパブを辞めちゃうんだもん。わたし、本当にどうしようって思ったんだから。何も言わないで辞めちゃうなんて冷たすぎない?」
「ごめん。でも俺なりに色々考えた結果なんだ」。本当のところ旨く答えられる理由なんて無かった。でもケイは理由を訊かずにいてくれた。
「でも嬉しい!。本当にアキラさんよね?。本当にアキラさんなんだよね?」
「ああ俺だよ。こんな風に二人で逢うのは不思議な感じだけど…」
ケイはホッとした様に笑顔を見せながら俯いた。「本当。あのパブにいた時はノリオが居たから、こんな風に会えるなんて考えられなかったよね。でもいつか、こんな風に会えたらって、いつも思ってた」
確かにケイは私のことが好きだったのかも知れない。でもケイが本当に好きなのは、あのパブでただのDJとして、殆どの出来事に対して、それどころかケイの存在に対してすらも無関心な私なのであって、今ここにいるような私ではない。
「パブを辞めた後、ケイちゃんのことが気にはなってたんだ。ノリオに殴られたりしてないだろうか、とか…。それで先週、ノリオのパブへ行ってきた。ノリオと別れたんだって?」
「もう大変だったんだから。アキラさんは突然居なくなっちゃうし。私にとってはもうあのパブへ行く理由も無くなった訳だし、ノリオに会う必要も無くなったんだけど、あの男ストーカーみたいにしつこく付き纏うようになって…」そこまで言うとケイは大きく溜息をついた。 「わたし、それから好きな人ができたの。クラブでナンパされてその人と知り合ったんだけど、その時も近くでノリオが私のこと見張ってて、気味悪いっていうよりも怖かった。だからその人に相談したの。そしたらその人がノリオに言ってくれたの。『もう彼女に近づくな』って。『今後彼女に何か話があるなら、代わりに俺が聞くから』って言って、自分の電話番号を紙に書いてノリオに渡してくれたの。それ以来その人のことが凄く好きになって…」
「ノリオは黙ってその紙を受け取ったの?」。私は話しを遮るように訊いた。
「うん。喧嘩しても勝てないと思ったんじゃない?」
「なんだ、そうだったのかぁ。よかったよかった。それ聞いて安心したよ」

 俺はいったい何がしたいんだろう。ケイを守りたいのか?。ケイと寝たいのか?。セックスがしたいのか?
『ケイちゃんのことが気にはなってたんだ。ノリオに殴られたりしてないだろうか、とか…。』って、俺に何が出来るというんだ?。俺に出来る事なんてせいぜい、俺なりに色々考えた結果として、姿を消す事くらいなもんだろう。所詮その程度の男。
少なくともケイは、勇気あるその男の行動によってノリオの脅威から守られた。それは強烈な経験として彼女の歴史に刻まれた。ケイの中で起こったパラダイムシフトは、彼女にとっての男の存在価値を決定づけた。だからもう以前の様にはいかない。いつかケイは、『男のランク付け』の真ん中から下の方に俺の事を位置づけるだろう。
そもそも俺たちの関係って何なんだ?
「でも失恋したの。もともとその人には彼女が居て、その事も彼の口から直接聞いてて知ってたんだけど、私は相手の女に負けたくなかったから、必死になって頑張ったの。わたし、人を好きになると全力で尽くすほうだから…」。ケイはビールを飲み干し、更に話し続けた。
「何もかも捨ててその人と一緒になりたいとも思った。生理が3ヶ月遅れた時は本気で子供が出来たと思ったし…、そう思わざるを得ない事もあったしね。その事を彼に言ったら、本気で喜んでくれたのよ?。そして、『結婚しよう』とまで言ってくれたんだよ?」
ケイの語尾が上がる度に、私は自分の無力さを恥じ、自我の輪郭が歪んだ。
「でも結局、子供なんて出来てなくて、その人、元カノのところへ戻ってしまって、あっという間にそのコと結婚しちゃったぁ…」
「うわぁっ!。それは辛いわぁ」。もはや私は、自分が誰なのかも分からない。
「ねぇ、アキラさん聞いてぇ。わたし、本当に身も心もボロボロになってたんだよ?。あそこまで男に泣かされた事なんて、今まで一度も無かったから。そんな時にアキラさんが来たの。だから、すっごく嬉しかったぁ。本当にアキラさんのことが、スーパーマンみたいに見えたよ」。 ケイはだいぶ酔いが回ってきた様だった。
「これから一緒に行きたい所があるんだけど、よかったら行かない?。でも無理には誘わないから。キツかったら気軽に断ってくれてもいいから」と私は言った。
「ううん、大丈夫。行きたい」とケイは答えた。

   ◆続きを読む◆

One Reply to “BORDERLINE (4)”

  1. BORDERLINE (3)

        ◆1話目から読む◆  パブの中でレコードをまわしているとき以外、私は努めて明るく振る舞った。精一杯。  ケイはパブに来ると、いつも私の近くに座っていたが、前にも増して必要以上に私に気を使うようになった。私がタバコをくわえると必ずライターを差し出してくれた。わざとらしくも客の前で「この店はいつも選曲がいい」と言ってくれることもあった。その度に私は、マスターであるノリオの女として、殆ど無償で働いている私の為に、ノリオに変わって気を配ってくれているのだろう、と思うようにしていた。 「ケイちゃん、俺なんかに気を使わなくてもいいんだよ」と私は言った。 「わたし、アキラさんには全然気を使ってない。ただ、アキラさんといると幸せな気持ちになれるの」ケイはそう言うと頬笑んだ。「それに、アキラさんって、頭の回転がものすごく速そう。ノリオさんなんか、ほとんど、アキラさんの手の平の上で転がされているみたい」  その声の大きさからいって間違いなくそれはノリオの耳にも届いており、明らかにノリオの顔色が一瞬変わったが、聞こえない振りをしたように見えた。聞き間違いだと思って気にしなかったのか、あるいは初めからケイにそう言うように自ら仕向けていたのか、私には判断がつかなかった。  私はとりあえずケイに微笑んで見せた。ケイは私に頬笑み返した。  次の日、ノリオは上機嫌に開店準備をしながら得意げに私に語った。「女って奴はたまにはビシッと怒んなきゃダメだね。昨日あんまりケイが調子こくもんだから、軽く殴ってやったんだよ。そんで、俺達もう終わりだな、って言ったら、なんて言ったと思う?『いや、これで始まったんだと思うよ』だってさ。その後一発ヤって仲良く寝たよ」  人間は馬鹿な方が幸せなんだろうな、と思いつつも「女を殴るのは良くないよ」と言っておいた。 「いいや。やっぱり甘やかしちゃダメだね」と自信満々にノリオが言い、今のこの男に何を言っても無駄だろうと諦めた。  ケイはその夜、普段と変わらず何事も無かったかのようにパブに来た。  世間は給料日前の平日ということもあって、人通りは疎らで、店は暇だった。  ノリオは「知り合いのパブのオープン日に顔を出せなかったから、今のうちに行って挨拶してくるけど、もし客が来たら携帯に電話してほしい」と言ってケイを連れて行こうとしたが、ケイは、 「行きたくない」と言い放った。 「しょうがねぇなぁ」ノリオは一…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です