2019-12-10

3日前にも変な夢を見た。

自分はたぶん小学6年生くらいの子供だと思う。

見慣れた近所の近道を歩いていた。(当時の風景に近い)

近道といっても手付かずの広い空き地にできた獣道のような道を突っ切って歩いているわけではなく、住宅地の狭い路地をジグザグに歩いている。

おそらく学校帰りだと思うのだが、いつもなら広い通りを大回りで走るバスに乗って帰るのだが、その時はなぜか一人で歩いていた。

路地を曲がったところで現実にはない開けた土地が現れ、前方100mくらいのところにロケットの発射台とロケットが現れた。

(まるで小学生が見るような夢だ)

すでに発射の秒読みアナウンスが始まっていた。

眼前にそびえたつ巨大なロケットは圧倒的な存在感があり、自分の頭上にあるかのような錯覚を覚えるほどのロケットの先端を見上げていた。

3、2、1…とカウントダウンが聞こえ、壁の裏側へと逃げた。

ロケットが発射され、強烈な熱風が通り過ぎ、発射台の上部が崩れ落ちてきた。

その辺りで目が覚めた。

夢を見ている間は感じ方が大きくなるとか感受性が強くなるなどといわれるが、夢には独特な手触りのようなものがある。

脳内で生み出される映像なので常に曖昧で掴み所がないのだが、夢の中だけで繰り返し現れる景色や場所もあり、脳が勝手に偽りの記憶として作り出したものとは別の、過去の記憶として認識もされる。

明晰夢の時に意識してディテールを確認することもあるが、別な方向を見て再度ふり返った時にはもうすでに違うもの(風景)と置き換わっていたりもする。

 

今日、10年以上前に描いてまだ作品化していないスケッチをもとに絵画を作り始めた。

イメージがどこまでも過去に見た夢の断片に近づき、作品の一部として視覚化できればと思う。

 

unfinished

(キャンバス 38cm×45.5cm 未完成)

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です