戦場でワルツを

レンタルDVDを借りてきた。
『イングロリアス・バスターズ』と『戦場でワルツを』の2本。
先に『戦場でワルツを』を観てしまったのだが、『イングロリアス・バスターズ』から先に観るべきだった。
(まだ『イングロリアス・バスターズ』は観ていない)
————————————————————————————–
『戦場でワルツを』はイスラエルのアニメーション映画で、アリ・フォルマンが監督と脚本を手がけている。
イスラエル国防軍の歩兵だったアリ・フォルマン自身による、1982年レバノン戦争の記憶を紐解いたドキュメンタリー作品。

リンクレイター監督作品『Waking Life』のようなロトスコープを思わせるが、(ロトスコープとは、実写映像をトレースしたアニメーション)
本作はFlashアニメーションや3Dグラフィックスなどで完成された作品であるとのこと。

夢と現実が交錯するような超現実的映像と、効果的に挿入される音楽が印象的だ。

数々の映画賞を受賞し、総じて評価の高い作品ではあるが、パレスチナ人暗殺やアパルトヘイト・ウォールなど、
イスラエル政府に対する国際的な非難が高まる昨今において、戦争描写があまりにも軽々しく、美的ですらあり、「プロパガンダ」との批判もある。

私自身、観ていて複雑な心境になった。
まるで、穏やかな日曜の午後に、オープンカフェでお茶しながら戦争見物してるかの様な、ある種のノスタルジーと心地良さを味わい、そんな自分とそうさせる本作に嫌悪感すら覚えた。

だが、ラストまで観終えた今、イスラエル国防軍の元歩兵による作品という事実の重みを感じ、彼の努力を讃えたい。

さてと、『イングロリアス・バスターズ』を観るか…
それとも今回は見送り、日をあけてから改めて観ようか….

戦場でワルツを 完全版 [DVD]

戦場でワルツを 完全版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD

disappearing moment #45

160315.jpg


16:03:05


昨日と今日は違う。

163700.jpg


16:37:00


今日と明日も違うだろう。

163756.jpg


16:37:56


そのことを喜ぶべきだろう。

16 May/2010

80年代校内暴力〈沈静化〉の側面

80年代初頭に全国的に連鎖した校内暴力が沈静化へ向かう過程においては、様々な機関によって研究がなされているようである。
以前私はこのブログ上で「若者文化の変化によってヤンキーが激減し沈静化された」と書いた。
その考えの根拠については以下の通りである。

*****************************************************************************************

【1】 1964年〜1968年生まれ

*****************************************************************************************

爆発的に起こった80年代校内暴力のピークは1980年〜1981年である。
当時、実際に暴力を起こしていた中学生に該当するのが、1964年〜1968年生まれである。
(2010年現在42歳〜46歳)
勿論、実際に暴力を起こしていた生徒が極一部である事はいうまでもなく、地域によっては全く校内暴力が起こらなかった学校も少なくはない。

だが1980年〜1981年は中学生達によって多くの学校が破壊され、前代未聞の社会問題になったのは紛れも無い事実である。

1964年〜1968年生まれが新たな文化を創造したとまでは言わないが、文化の発信源として前後の世代に対しても、ある程度影響力を持っていたことが推測される。
暴力という観点から、主に男子を基準に彼らが傾倒した文化を紐解いてみよう。

*****************************************************************************************

【2】1980年〜1981年

*****************************************************************************************

■ヘアスタイル、ファッション

70年代ディスコブームから派生するソウルミュージック人気などの黒人崇拝は、アフロヘアーやニグロ、パンチパーマといったヘアスタイルを流行させる。
黒人ソウルミュージシャンの様なタイトなスーツを着て、シャツの襟を出し、パンチパーマをかける、というのが一種のステイタスでもあった。
そんな不良で遊び人な70年代の大人達のファッションを真似るヤンキー中学生が増えた。
彼らにとって、それは紛れも無くハイファッションであった。

一方、ヤンキーのカリスマは矢沢永吉であり、ヤンキーの部屋には高確率で矢沢のポスターが貼られてあった。
矢沢とくれば、前身である「キャロル」や親衛隊である「クールス」などへも傾倒し、当然のように革ジャンにリーゼントが流行する。
更にヤンキースタイルは、フロントアフロにサイドリーゼントといった混合スタイルも派生させる。

リーゼントといえば1950年代スタイルであり、ロックンロールであり、ロカビリーである。そのためロカビリーファッションにも注目され「CREAM SODA」といったブランドに脚光があたる。
ヒョウ柄の財布やコーム、”チョンバッグ”(変形学生鞄)に貼る為のステッカー等が中学生間で大流行した。
だがその流れが小学生にまで波及すると「小学生の文房具」と呼ばれ、中学生間では格下げされて流行が終わる。
(ただその後もロカビリーブーム自体が廃れる事はなく、原宿などでラジカセで踊る「ロックンロール族」(ローラー)へ発展し、「竹の子族」や暴走族と対立する事もあった)

総括すると当時の中学生ファッションは、「見るからに不良」という反抗精神が反映されたものであったといえるだろう。

ヤンキースタイルは女子にも人気があり、中高生女子が男子にしてもらいたいヘアスタイル一番人気がリーゼントであった。
だがそれは単なる一過性の流行に過ぎなかった。
そんな彼らに対して過剰反応した大人達は、彼らのことを「ゴミ」扱いした。
同時に彼らも、ぐうたらな大人たちを「生ゴミ」と呼んだ。

■ゲームセンター

インベーダーブームでゲームセンターが増え、彼らの溜まり場となり、ゲーム代欲しさの窃盗なども多発した。

*****************************************************************************************

【3】1982年〜1984年

*****************************************************************************************

■1981年当時校内暴力が多発していた問題学校を構成する中学生を、3つにカテゴライズすると以下の通りに分類できる。

・真面目な進学組(優等生)

・一般中学生(暴力などは行わないが、流行のヤンキースタイルをある程度自分の中にも取り入れ、ヤンキーを支持し応援もする多数派。または傍観者)

・ヤンキー(実際に暴力行為を行い、暴力団とも関係を持っていたコアな実行犯たち)

■中学を卒業した彼らのその後

・真面目な進学組はそのまま進学校へ進み、ヤンキーの脅威をまぬがれ、勉学に励んだ。

・一般中学生は普通校へ進学した。
ウォークマンが流行し、レンタルレコード店が普及し、MTVやFMラジオの影響から、洋楽や邦楽といった音楽が彼らの話題の中心となった。
同時にパンクやヘヴィメタル等、幅広いジャンルで高校生バンドが激増した。
(後の「80年代バンドブーム」へと繋がる)
不良の格好良さとロックは繋がり易いが、彼らにとって横浜銀蝿は既に時代遅れとなった。
結果的に彼らはヤンキースタイルと決別する。

・ヤンキーの多くは、はじめから進学拒否するか、進学したとしても高校を自主退学するか、あるいは問題を起こして退学処分となった。
彼らは手に職をつけるか、そのまま暴力団や暴走族に入る以外、道は無かった。
手に職をつけて就職できれば更正する機会もあるのだろうが、ヤクザや暴走族の構成員になった者たちは常に身の危険に曝された。

始めのうちは不良中学生に親身だった暴力団も、結局は彼らを利用し尽くす。
ステッカーや偽物ブランド品を高額で売らせ、期日までに売上金が回収できなければ、彼らを袋叩きにする。
敵対する組織との抗争の最前線に置かれ(いわゆる”鉄砲玉”にされ)、事実として多くの10代が行方不明になり、死亡した。
シンナー中毒で死ぬ者もいれば、バイクで事故を起こして死ぬ者も多かった。
そのような事件はあまりに多く、新聞にすら載らなくなった。

犯罪を犯して警察に逮捕された場合も、当時の警察は当然のように彼らを袋叩きにした。
その後少年院に移送されれば、そこでも彼らは毎日袋叩きにされた。

ヤクザから足を洗う為に、指を詰められた者も少なくはない。

そんな危険過ぎる日常に、10代のヤンキーは戦意を喪失し、疲れ果てていた。

「これが不良の行く末だ」「これが不良の成れの果てである」という言葉は当時よく使われていた。

結果的に「ヤンキーになってもロクな事はない」という結論が後輩たちにも波及し、ヤンキーは激減しはじめた。

■バイク

ヤンキー激減の背景には、バイク文化の多様化も一つとして考えられる。

16歳から17歳の彼らにとって、バイクは憧れのオモチャであったが、当時販売されていたバイクは「Kawasaki FX400」や「YAMAHA RZ」等、改造して”族車”にしやすいモデルばかりであった。

そのようなバイクに乗れば当然近所の暴走族に目をつけられる。抵抗すれば身に危険が及び、バイクの盗難や破壊の恐れもあるため、堂々とバイクに乗る為には自らも暴走族の構成員になることを余儀なくされた。結果的に暴走族は巨大化していったのである。

ところが、漫画「バリバリ伝説」人気の影響もあり、皮ツナギを着てフルフェイスのヘルメットをかぶり、峠を攻める、という暴走族とは程遠いライダーズスタイルが新たなステイタスとなった。
バイクメーカーは挙って、レーシーなフルカウル仕様のバイクを生産し始めた。
10代のライダーは暴走族に入らなくても、堂々とバイクに乗れるようになった。

■ファッション

ヤンキーが激減し、高校生の間でも「POPEYE」や「Hot-Dog PRESS」といった雑誌が10代のバイブルとなり、DCブランド崇拝が起こる。

この時期より女子のヤンキー離れが顕著となる。つまりヤンキーはもう、モテなくなったのだ。
先輩たちの後ろ盾を失ったこともあるが、必然的にヤンキー自体の数も激減し、校内暴力は沈静化へと向かう。

そういった現状にも関わらず、教育者達はここぞとばかりに、再び生徒たちを暴力的に管理するようになった。
その結果、教師による生徒への暴力事件が激増した。

多くの暴力事件が教育者や教育委員会によって隠蔽されたことはいうまでもない。
結局、教育機関が当時の10代の本質を捉える事は無かったのである。

*****************************************************************************************

【4】1985年

*****************************************************************************************

■ファッション

1985年、DCブランドの一大ブームが沸き起こる。
「青山ベルコモンズ」「ラフォーレ原宿」等のファッションビルに多くの男達が詰めかけた。
「男達がオシャレになった!」といわれ、新宿には「OIOI(マルイ)メンズ館」まで登場した。
バーゲン時には長蛇の行列に押しつぶされて、死者まで出るほどだった。
そしてこの一大ブームは、ヤンキーを完全に時代遅れに追い込むには充分だった。

高い服を着て高級外車に乗ることがステイタスとなり、その為には高学歴が必須である、と10代の志向はシフトされた。
(そして翌年、バブル景気をむかえる)

1985年「深刻な社会問題である校内暴力は沈静化された」と発表された。

untitled #252

 

172639.jpg
 

17:26:39
 

172941.jpg
 

17:29:41
 

173444.jpg
 

17:34:44
 

27 Apryl/2010

————————————————————————————