盲目の暗号

偶然俺は、お前の発する暗号に気付いた。
俺とお前は、互いの暗号でしか繋がり合えない。

お前が不特定多数へ発信した暗号は俺の中で俺にだけ届く。
誤読していることすら忘れる。

届かない糸は暗号化された想いでしか伝わらない。

“その真実だけが成長する”

…これ以上の盲目があるだろうか。

俺はお前を知っているが、
恐らくお前は、俺がいることすら知らない。