#22

pw06.jpg


Acrylic on Paper 21cm×30cm


12. 2007

ⓒHikaru

#21

P1020918.jpg


紙(21cm×30cm)/アクリル


12/2007

(C) Hikaru

#20

pw09.jpg


Acrylic on Paper 21cm×30cm


26.12. 2007

ⓒHikaru

#19

pw08.jpg


Acrylic on Paper 21cm×30cm


26.12. 2007

ⓒHikaru

0030

P1040086.jpg

P1040092.jpg

Acrylic on Canvas 73cm×61cm


Unfinished

(C) Hikaru

#18

pw07.jpg


Acrylic on Paper 21cm×30cm


23.12. 2007

ⓒHikaru

#17

pw05.jpg


Acrylic on Paper 21cm×30cm


26.12. 2007

ⓒHikaru

PRESENCE #2

「それ」は常に、再現することでしか表現できない。
そもそも完全な再現すら不可能に近い。
芸術家は「再現」の代替品を創り、代替品のヴァリエーションを創る。
そこには決して満たされることのない「想い」だけが美的に表象される。
鑑賞者はその「想い」を自己流に、あるいは客観的に共感するだろう。

否、再現が完成されたとしても、満たされることはないだろう。
それは完成されたときから形骸化され、運が良ければ保存される。

否、そもそも、芸術は別のところに在る。
「それ」はマイケル・ジャクソンのパフォーマンスのように観衆を熱狂させ、
モーツァルトの音楽のように、心地よく涙を誘うように、
人々の心の中に、何の意図もなく、高速で浸透するだろう。
時代に関係なく、人間にはそのような感動が必要だ。

”「無」からの反動により可視的になる”
”接近すると同時に同化し、「そのもの」となる”