現実の再発見と芸術欲動

「現実の再発見(再構築)」
それは本能的に理想郷を創造する”欲動”のようなものよりも、
「今この瞬間の幸福」を実感する”確信”に近い。
その特別な”感情”が必要なのだ。(幸福と美意識との関係性)
そして表層的な現実は心の中で現前として再構築される。
「理想郷」とは完成度の高い社会である。
そのような社会を構築出来るのは、やはりそのような「特別な感情」を持った指導者たちである。
知力と財力だけでは成し得ない、人類にとって最も必要な能力。
天才は他者に与えてこそ天才なのだ。
芸術のための芸術ではない。
まるで歴史と芸術との関係性が逆転してしまっているかのようだ。
芸術は「特別な感情」という人類の能力の為にある。