アーティストの良心

全ての分野は「良心」なくして発展させることは絶対にゆるされません。

「良心」とは人間のもつ優れた能力です。

ところで芸術における「良心」とは何なのでしょうか。

それが分かればアーティストになれます。

なぜモーツァルトにはできたのか

モーツァルトは脳内で意識的に音楽を鳴らすことが出来たのではないだろうか。

それは時間的な物語を形成する「夢」のメカニズムと関係している。

人間に限らず、恒温動物は「夢」を見る。
夢を見ているあいだ、様々な音を聞き、見たことも無いような映像を目にする。
そのような経験は誰しもが持っているだろう。
記憶のメカニズムと関係している能力である。
(脳は必要なイメージを効率よく記憶し、曖昧な部分を独自に修正する)

睡眠時の夢は、アセチルコリン作動性ニューロンの活発化によるPGO波が発生している状態。
しかしそれは「無意識」の領域だ。

覚醒状態(意識的に自分をコントロールできる状態)において、
薬物なしに脳の状態をそのレベルまで誘導するのは困難である。

私の場合、意識と無意識の中間において、脳内で極めて明瞭な音楽を聴いたことがある。
(もちろん、薬物は一切使用していない)
平常の覚醒時に音楽を聴いている時よりも、一音一音を正確に分解して聞き分けることができ、
意識的に更に深く展開させ、作曲することも出来た。
(だが私には絶対音感が無いので、その音楽を記録する事が出来なかった)
聴こえた音楽は全くのスキがなく、完璧に構成されていた。
平常の意識下で自分がその様な音楽を作曲する事は不可能に近い。
まさにそれはオートマティスムで「偶然」としかいいようが無く、完全に自己を出し抜いている。


音楽に限らず、映像が可視化されることもある。
可視化された、網膜的ではない(幻覚)映像は、
精巧で美しく、どこか冷ややかであり、そして複雑だった。
それらのイメージは自分の想像力を遥かに越えていて、
自分には未知でありながら、脳によって生み出されたイメージである。

モーツァルトはその能力(明確なイメージ想起)をある程度、
自在に呼び起こすことが出来たのではないだろうか。
もしもそんな能力を身につけたら私でも四六時中、五線譜に音符を書き続けるだろう。

自由自在ではないが私も時々、脳内で音楽を可聴的に聴き、映像を可視的に見ることがある。
(単に「幻聴」や「幻覚」と片付けるには、あまりにも惜しい)
そして、それらのイメージは私の芸術欲動の源泉となっている。

ポスト・モダンのひとつの寓話

「<人間>とその脳は、というよりも<脳>とその人間は、

彼らの惑星の崩壊以前に決定的なかたちで

その惑星を離れようとするとき、そのすがたかたちは

いったい何にたとえることができたでしょうか。

そのことを、物語は語ることはなかったのです」。








リオタール寓話集

リオタール寓話集

  • 作者: ジャン=フランソワ リオタール
  • 出版社/メーカー: 藤原書店
  • 発売日: 1996/10
  • メディア: 単行本

0019



P1020954.jpg






“disappearing moment #2-2”



Acrylic on Canvas 73cm×61cm








(C)Hikaru