Transcendence



これはNEW YORK POSTの記事をAndy Warholが取り上げ、

Keith Haringとのコラボレーションによって作品化された

MADONNA:’I’M NOT ASHAMED’の中の一部分(Andyが筆を入れた部分)

を引用したAppropriationという80年代ポストモダニズムの表現方法です。

  

私はこの幻覚症状的イメージに、フェミニズム、アウラ、

ヒエラルキー等に関連する意味合いを持たせ、相対的に総括し、

“Transcendence”というタイトルをつけました。







というのは嘘です。

untitled

千円札を丸めてネオン管を覗いてみると

このような映像が写し出されました。

まるで下水道の中を彷徨っているかのようです。

彼の目が写し出すという世界は

せいぜいこの程度のものでしょう。

いや、

それ以前に彼は”盲目”というわけでもないのに

何も見えていないのです。

彼に出来る事はせいぜい他人からの略奪と

いいわけがましい逃げ道を用意しておくこと。

“嘘っぱちばかりのインチキ詐欺師”